So-net無料ブログ作成

?☆! 炎の中を疾走する人馬⇒心頭滅却!聖アントニオ祭 [話題の玉手箱]

1月16日夜、スペインのデピナレスで、動物の守護聖人である、聖アントニオを祝福する「聖アントニオ祭」が幕を開けた。

ロシアで行われている、極寒の氷で冷えた、川や湖に入水する祭りも死に物狂いだが,燃えさかる薪の山や、火の海を飛び越える行事も、また至難の業。

心頭滅却すれば火もまた涼し!と云う格言もあるが、凡人にはいずれの場合も、恐怖感が先立ち、信者でないことが救われる思い。

神様って意外に無理な祭りが好きらしい。信者でなく凡人で良かった。 死んじゃうよ。ご免なさい。


nice!(74)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 74

コメント 3

井上。

湯たんぽごときで、低温やけどをしてしまう井上。には、もう、想像のできない、次元の話です。熱そうです・・・
by 井上。 (2011-01-21 02:06) 

斗夢

火あぶりの刑がありましたが、残酷ですね!
それを見ている聴衆がいた!
なんにしろ命を奪うことは残酷です。
by 斗夢 (2011-01-21 07:47) 

goun

遅れまして 新年おめでとうございます
心頭滅却の精神で頑張りましょう
by goun (2011-01-21 17:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。