So-net無料ブログ作成
検索選択

?▲! ピント不要のカメラ開発⇒撮影後に合わせる超能力 [話題の玉手箱]

ドッキリ⇒NO62

ビックリ仰天たまげたカメラが開発された。米カリフォルニアの新興企業Lytroは、6月22日画期的なカメラを開発し、年内に発売する予定!と自社のブログで発表した。

カメラの基本はピントを合わせてから、シャッターを切るのが常識であるが、このカメラはシャッターを切った後から、ピントを合わせなおすことができる、画期的なカメラであると云う。

これは創業者のレン・ンCEOが、在学中から8年前に取り組んでいたもので、撮影場面の光線をすべて情報化して、デジタル画像のデーターに取りくみ、撮影後に被写体のピントを合わせる方式。

「ピンとは後で合わせれば良いので、写真撮影の革命である」と自画自賛している。既に試作したカメラを、複数のカメラマンに試用させたり、一般消費者の意見も聞きたいと。興味のある人に、同社のウェブサイトに登録を求めている。

従ってピント外れがないので、プロはもとより素人や、爺ちゃん婆ちゃんでも、気軽にシャッターを切れる優れもの。失敗がないと云うのは素晴らしい!

同社は資本金5000万ドル(40億円)で、カメラは自社生産する方針。販売価格は現在不明であるが、「写真革命」と云われ人気を呼んでいる。日本でも我もと思わん方は登録をして見ては如何ですか!!!!


nice!(57)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 57

コメント 3

まさ

はじめまして!
そんなカメラ使ってみたい!やたら撮って必要な写真だけ後でピントを合わせれば良いって事ですもんね。。でも、データものすごい重そうですね(笑)
by まさ (2011-06-26 23:35) 

レイン

近くのものから遠くのものまで全部にピントを合わせることができるでしょうか。そしたらすごい。
by レイン (2011-06-27 00:11) 

だまだま

へたっぴな俺にちょうどよいかも、、、(泣)
by だまだま (2011-06-27 00:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。